准看護師と正看護師について

准看護師は、歴史的な背景として看護師不足であった時代があったので、その暫定的な措置として准看護師という制度が生まれた経緯があります。
そして、今でもその名残が残っている制度の一つです。
准看護師は看護師養成学校を卒業して、都道府県知事の実施する試験に合格すればなれます。
正看護師も同じく看護師養成学校を卒業して、看護師の国家試験を受験して合格するとなることが出来るので、その区別はあまりないというのが実態ではないかと思います。
都道府県知事の実施する試験か国家試験かの違いがあるだけと思われます。
そういったことから准看護師を統合して正看護師に一本化しようとする動きがあるようです。
なお求人でもわかり辛い点もあると言えます。
将来はおそらく准看護師がなくなり、正看護師だけの一本化されることは間違いないと推測されます。

便秘改善やアンチエイジングに役立つサプリメント

最新投稿